Diary 2020. 11
メニューに戻る
11月19日 (木)  晩秋の大山北尾根

丹沢自然保護協会主催「丹沢を歩く」。
2年ぶりに再開。
私の担当は「大山北尾根」。

歳も歳だしチョッピリ不安でしたが、足腰の無事を再確認。
ただし維持するための努力も必要も再認識。
取り敢えず歩けて一安心。

東電巡視路から外れたナイショの道は急斜面と言え転がってもだいじょうぶ!と言えるほどに落ち葉がふかふか。
ただし痩せ尾根は私の体力&体形と同じく、さらに痩せてました。

参加者から「これって軽い山歩きですか?バリエーションじゃないの?」と言われましたが、
私が歩けるのですから、取り敢えずは「軽い山歩き」と思います。
ふわふわに積もった落ち葉の急斜面をワシャワシャ降り、痩せ尾根の木の根の上をおっかなびっくり。
実働5時間半、丹沢ホームで美味しいコーヒー(ビールの人もいました)を飲んで無事解散。
紅葉もきれい、晩秋の山を十分に楽しみました。

ところで、平日と言え喧噪な大山山頂を北尾根に入ってわずか10分。
ブナやミズナラの幹に真新しい熊の爪痕を見つけました。
その後も爪痕はあちこちで見つける事が出来ました。

ところでのもう一つ、神奈川全域、丹沢でもと言われるナラ枯れです。
ヤビツ峠から大山山頂までのイタツミ尾根では目にするほとんどのナラが幹から木の粉を噴き出していました。
枯れるのは時間の問題でしょう。
ところが北尾根に入ると札掛までの長い距離、「虫食い」のナラは0と言えるほどに見当たりません。
ナラ枯れが進行しない事は歓迎ですが・・何故でしょう・・。
こうした事を見て考えるのも「丹沢を歩く」の大切なところ。
今度、県保全センターに行って聞いてみよう。

20201119-1.jpg 20201119-2.jpg 20201119-3.jpg



11月10日 (火)  紅葉真っ盛り。

11月だオラの誕生月だ。
日記書かなきゃ・・と思いながら、書けば愚痴。
アメリカ・・ってナニやってんの?と思いながらも、知らないうちに総理大臣が決まってる我が国よりよっぽどマシか。
で、ナニを書いても政治愚痴になるので、つまらないので「やめ!」。

明日、八ヶ岳に行く予定。
ずいぶん前から決めていたけど。
予定は未定・・とは良く言ったもの。

今日は先週に続きイワナの採卵。
今回はこれで終了。
イワナはヤマメと違い採卵は一発(1回)勝負。
季節になると常に♀のお腹を見ています。
そろそろかな・・と思うと水から取り上げ卵管の出を確認。
「良し」となれば3日以内に採卵します。
ヤマメやニジマスのように、「今日は寒いな・・チョッと暖かくなってから」なんて先送りすると、受精率が極端に落ちます。

今年は死卵少なく成績良し。
箱の中に孵化盆を沈めます。
50日後の発眼を楽しみに。

「ついで」を忘れてた。
ヤビツ峠ステッカーを新発売。
一枚100円3点セット。
もちろん一枚売りから。
丹沢ホーム&ヤビツ峠売店で販売中。
売り出し初日、結構、人気です。

紅葉まっ盛り・・クルマでランで自転車で、遊びにきてね。

20201110-1.jpg 20201110-2.jpg 20201110-3.jpg



2020/11
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

前月     翌月