Diary 2021. 1
メニューに戻る
1月19日 (火)  雨乞いのお願い

丹沢は雨なし雪なしで水不足。
飲料水はなんとか確保。
養魚場がギブアップ寸前。

裏日本の大雪はいらんけど、中雪中雨が欲しい。
もう雨はいらん・・と言っても降り続けることがあるのに、くれ!と言っても一粒もくれない天の気まぐれ。

今年は富士山も雪なし。
吉田で養魚場を営む知人が、富士山の雪の量で採卵の量を決める・・とか。
それがナンと、3年後5年後だと。
丹沢と大違いは保水され湧水となって出て来るのに、それだけ時間が掛かる・・と言う驚き。
30年前に聞いた話だ。
もうちょっと前だったかな。

富士山見れば解るけど、富士山一つで丹沢の山七座分だから、驚くよりは当たり前なのかも。

どっちにしても雨が欲しい。
山はカラカラ、喉にもよくないし、オラには関係ないがお肌にもよくない。
山にも肌にも心にも「うるおい」は必要だ。

今日、午前中に下界へ、人間の領域に入ってからイノシシに出合った。
ナンと2車線幅の道路、第2東名の作業現場入り口だ。
「俺の住処を奪いやがって!」と現場へ入るトラックに猪突猛進・・みたいに見えた。
入り口のガードマンが後ずさりしたぞ・・。
ガードマンには罪はないけど、イノシシから見ればみんな一緒だろう。

一昨年くらいから農地へ出るイノシシが増えたと聞くけど、原因は人間がイノシシの住処を奪ったから・・と、結構単純な理由だろう。
猪干支のオラとしては、イノシシを応援しよう。

20210119-1.jpg 20210119-2.jpg 20210119-3.jpg



1月16日 (土)  道路情報

雪国が羨ましがるほどの融雪剤散布。
一昨日の路面凍結は一気に氷解。
皆さんノーマルタイヤで走っています。
自転車も元気です。
ただし、早朝は霜の降りてる箇所もあり注意です。




1月12日 (火)  道路情報

お昼のヤビツは、この程度。
夕方は、この上に少々積もったけど、積雪2〜3センチってとこか。
初雪と言ったら上越の友人に笑われるだろう。

それにしても水不足の丹沢にはナンの役にも立たない初雪・・雨の方がよかったな。
それでもカラカラの山には多少の湿り気。
慈雨ならぬ慈雪という事にしとこう。

政府の偉い人が「夜だけじゃない。昼間も出歩くな」・・って?。
夜の商売には多少の協力金があるが、昼間の商売には、ナ〜ニもなし。
出歩く人が居なけりゃ飯の食えない人達は多勢居る。

八百屋や魚屋は死んでもいいよ・・って事みたい。
オラ家も宣言以来、お客なし。
女房はストーブの前でマッタリ。
知らない人が見たら、余裕の昼寝と思うだろうな。

明日は一昨年の台風で埋没して仮補修した水道管の本管を掘り起こそう。
レンタル屋からユンボを借りようと思っていたら、親切な土建屋さんが、いいよ・・って貸してくれた。
10万円のレンタル料を工面しないで済んだ。
世の中、普通の人が政治家より親身だ。

20210112-1.jpg 20210112-2.jpg 20210112-3.jpg



1月10日 (日)  やせ我慢はやめよう。

昨日も今日も、この気温。
寒い〜!と思うけど、以前の冬なら当たり前の気温。
最近は+気温でもダウンを着ちゃう。
贅沢になったのか、年寄になって体温調整が不可になったのか。
いずれにしても暖かな冬になった。

昨日は緊急事態宣言が効いたのか、連休初日というのに人っ子一人いない。
あれだけ元気なチャリやランも、総理大臣の言う事を真面目に聞くんだ・・と感心。
それにしても困っているのは飲み屋だけじゃないよ。
物品納入者はもちろん、緊急事態宣言が出れば、他の業種にも影響が出るのは当たり前。
飲み屋関連だけの補償って、良〜く考えなくても、おかしい。

我が家もやっとのお客様が全〜部キャンセル。
そりゃそうだ999人の感染者が出れば、二の足踏むのは当たり前。
いっその事、春みたいにお金を出して、みんな自粛・・が、いいんじゃないでしょうか。

国民配布のお金は、スガやアソやニカイのお金を貰う訳じゃありません。
私達が納めた税の一部を、カ〜ンバック!と言ってるだけです。
選挙の立候補者一人にポ〜ンと1億5千万円も出しちゃう政権与党です。
下々の一人10万円、持続化給付金100万円なんて屁でもない金額と思います。

それにしても政治家の中に一人くらい「俺たちの給与はいらない」と言っても良さそうに思うけど、あの人達「俺たちは仕事してる」と思ってるのかな〜。
本当に思ってたとしたら、おめでたい人達だ。
まあ、そんな人間に一票入れた私達は、もっとおめでたいと言う事になるな。
あ〜〜あ、正月早々また愚痴になっちゃったよ。
今年は政治に対する愚痴ではなく反省の一年にしましょう。

20210110-1.jpg



1月4日 (月)  正月だ〜!。

三ヶ日が終わり、やっとお正月。
養魚場へ行く前にチョイと振り返ったら・・ムサ公が「おはよう」・・と。
ストーブの上でチンチンとお湯が湧く音を聞きながらマッタリ。
さて、年賀状を読みながら書き残した年賀状を書こう。

20210104-1.jpg 20210104-2.jpg



1月3日 (日)  動物観察

娘がスマホを見せて「ね〜コレ熊じゃないの?」。
早朝、熊探検。
今日は巡視日なので丁度いい。
土の斜面を掘り起こし・・と言うより穴を掘っている。
ジ蜂の巣を狙ったようだ。
栄光学園山小屋の玄関先。
コロナで学園が利用を控え「人」の気配がなくなったのを察知したのだろう。
娘が数年前に熊を見た場所から、直線なら200mか、熊なら余裕の行動範囲だ。
気を付けよう。

20210103-1.jpg 20210103-2.jpg



1月2日 (土)  コロナに負けるな、今年もガンバレ!

いつも自転車で駆けあがって来る中学一年生。
麓の国道246号から標高差700m12q、40分を切る。
今日はナンと足で駆けあがって来た。
君、ランもやるの?万能だね・・いやいや・・と、笑顔で手を振る。
自転車は大人顔負けタイム。
タイムを聞き忘れたけどランも同様だろう。
素直で明るくて笑顔が可愛い少年、コロナに負けるな!。

20210102-1.jpg 20210102-2.jpg



1月1日 (金)  今年もよろしくお願いします。

一年の計は元旦にあり・・と言うけど、さっぶ〜・・。
三ノ塔の空はまだお月様。
コロナ終息を祈願して・・良い年になりますように。

20210101-1.jpg 20210101-2.jpg 20210101-3.jpg



2021/1
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

前月     翌月