森の学校では、随時、生徒の参加を待っています


森の学校関連の情報を掲載します。
戻る


 子供達が、自然の中で生活し、学ぶことの大切さを考え、  1970年に「森の学校」を開設しました。

 丹沢は、東京や横浜から、わずか50`の場所ですが、シカやクマなど大型ほ乳類や、 ムササビ、ヤマネなどの小型ほ乳類が棲息し、渓流にはヤマセミ、モミ自然林では日本最大級 の大型猛禽類クマタカを見ます。
 様々な生物の存在から、「生命の繋がり」の大切さを知ることができます。

 森の学校では、野生生物の生態や役割を学ぶことで自然の仕組みを知ります。
 そして、動物や植物の生活史を通して、人間との関わりを知る事ができます。

 近年、丹沢は、都会の様々な影響を受け「ブナの立ち枯れ」などに見るように、 自然環境の荒廃が危惧されています。しかし、その中でも、900万人に近い県民の水を育み、 生物の生活を見る事ができます。

丹沢の自然を体感しよう
自然環境を学ぶこと、いちばん大切なことは、
自然に対する「やさしさ」です。

丹沢を知り尽くした先生方が、難しい知識も解かりやすく話します。


過去の森の学校の様子
2016年(冬)> <2016年(夏)> <2016年(春)> <2015年(夏)> <2015年(春)> <2014年(冬)> <2014年(夏)> <2014年(春)> <2013年(冬)> <2013年(夏)> <2013年(春)> <2012年(冬)> <2012年(夏)> <2012年(春)> <2011年(冬)> <2011年(夏)> <2011年(春)> <2010年(冬)> <2010年(夏)> <2010年(春)> <2009年(冬)> <2009年(夏)> <2009年(春)> <2008年(夏)> <2008年(春)> <2007年

森の学校・2017年 夏の教室 活動報告

 太陽や青空のない、梅雨のような毎日でしたが、子供達は元気いっぱい。
 学習に、自由時間にと、駆けまわっていました。
 
 今回は雨のために、暗闇教室は中止になりました。
 普段、「チョッと恐い・・」と言う子供達も、何故か「残念・・」との反応。
 暗闇教室は、森の学校の大切な学習テーマの一つです。
 「傘さしてもやりたい・・」と言ってた子。
 暗闇の中、置き去りにされる事に、チョッピリ安堵な初参加の子。
 楽しみは、冬の教室に持ち越しましょう。
 
 暗闇教室の替わりの夜の学習は、班ごとに「自然を守るため」の議論。
 スタッフや各リーダーには、「アドバイスはしても自分の意見を言うな。子供達の意見をまとめればいい」と、厳しく助言。
 意見集約の制限時間30分でしたが、子供達の議論は想像以上に白熱。
 意見集約に1時間以上を費やしました。
 各班の発表に、校長は感動。
 みんな、素晴らしい子供達です。
 
 いつも来る子、初めて参加する子。
 子供達の感想は、丹沢自然保護協会発行の会報「丹沢だより」をご覧ください。
 夏の教室・参加者31名、講師&スタッフ10名でした。
 

 1.恒例の昆虫採取。昨年参加の子は手慣れたもの。イワナの赤ちゃんをゲットした子もいました。
  

 2.採取した昆虫ごとに、石原先生が生態の説明。
  

 3.雨のため野外学習を早めに切り上げ、室内での学習。
  

 4.意見発表は女子の方が元気。
  

 5.自由時間は、少しの雨上がりでも水遊び。風邪をひくなよ。
  

 6.ここで遊べば、雨なんて関係ないよ。
  

 7.早朝散歩の後に目覚めの体操。甲子園を目指す野球少年が柔軟体操の指導。
  

 8.今日の学習テーマは渓畔林。昨日の水生昆虫と強く繋がり、野鳥や魚とも密接に関わりを持ちます。
  

 9.渓畔林再生の一歩。
  

 10.実生の学習。
  

 11.始めに基礎学習
  

 12.聞いた事を忘れないように。
  

 13.先生の説明うぃ聞きながらの渓流歩きが楽しい。
  

 14.あ〜あ、入っちゃったよ。
  

 15.今日も雨。早めに切り上げて、室内で感想発表。
  

 16.何を感じたかな?。小学2年生。
  

 17.オッ!しっかりまとめている。さすが5年生。
  

 18.こっちもだ。
  

 19.中学生と男の子は苗畑づくり。丸太で井桁づくりから。ハンマーでカスガイ打ち。手を打つなよ。
  

 20.初めての力仕事。初めて持った大きなスコップ。みんなで力を合わせれば何でも出来る。
  

 21.ビーサンは失敗だったな〜。足の泥も山ヒルも気にしません。
  

 22.みんなで力を合わせれば何でも出来る。
  

 23.完成した苗畑に植樹するのは、小さい子から順番。
  

 24.仕事の後片付けは大事な仕事。
  

 25.雨のため暗闇教室は中止。自然を守るために何をしたらいいのか、みんなで考えよう。
  

 26.各班ごとに、私達に出来る事はなんだろう・・と、活発な議論。
  

 27.各班ごとに議論の結果発表。
  

 28.意見発表で、みんな自分の考えをしっかりと持っている事に校長は感動。暗闇教室は中止したけど、とても充実した夜の学習でした。
  

 29.男の子は可愛いお昼寝
  

 30.女の子は爪の手入れ。
  

 31.樹木学習の後、採取した葉っぱを使って、世界に一つのTシャツ&布カバンづくり。さ〜て、ナンの葉っぱを使おうか。
  

 32.みんな真剣。
  

 33.机じゃなくて床でやったら、上手に出来るか。
  

 34.共同作品?
  

 35.隣が気になる
  

 36.オッ!いいじゃん。さすが女の子。
  

 37.こっちもいいね。
  

 38.出来た!
  

 39.私の作品
  

 40.こっちも見て。
  

 41.こっちも見て見て。
  

 42.お昼のおムスビは、女子全員で。
  

 43.大きさも形も不揃い。食べる人は違うからね〜。
  

 44.上手に握れた。勿体ないから自分で食べちゃおうかな〜。
  

 45.頂きま〜す。自分でつくったおむすびは、美味しい!。
  

 46.今年は階段で全員集合。
  




森の学校「夏の教室」
定員の為、募集を〆切ます。

PDF ダウンロード(270KB)




森の学校・2017年 春の教室 活動報告

 大雪で順延の「森の学校・春の教室」
 家族も一緒に参加する子供達はキャンセルだったり、2泊の予定が1泊になったり・・と。
 でも、元気な子供達が集まったよ。
 今年も、森の子供達は、元気いっぱい!。
 
 水遊びしたくらいビチョビチョになるまで雪遊び。
 雪だるまを作ったり、カマクラを作ったり。
 
 もちろん、森の勉強もします。
 雪の上に、動物の足跡を見つけたり、動物の糞や食痕を見たり。
 雪の斜面に大きな角を持った立派な牡鹿を見ました。
 
 遠くの林の中に居るカモシカを見つけたのは、ちあきです。
 みんなが、一所懸命探しても解らないのに、ちあきは、昨日も今日も見つけます。
 校長が、「カモシカちあき」と呼んでいました。
 
 最終日に、みんなで自然観察マップを作りました。
 雪の上でも、春を感じたり。動物と森の関わりを知ったり・・。
 一人ずつ、最も感動したことを発表しました。
 みんな、校長も思いつかないような、素晴らしい感性を持っています。
 最後に、「動物の棲む森を大切にしたい・・」と言ったのは、5年生の女子です。
 丹沢には、素敵な応援団がたくさんいます。
 その気持に、改めて感動・・の、校長でした。
 

 1) 今年も元気だ!森の学校。
  

 2) まず・・やっぱり男の子は雪合戦
  

 3) 女の子は・・どんな雪のお家が出来るかな。
  

 4) 小さい子なら入れるよ。
  

 5) 僕たち二人の傑作。
  

 6) 雪の上にキツネの足跡を見つけた。
  

 7) 昨日も今日もにカモシカを見つけた。「ちあき」は、カモシカの匂いが解るみたいだ。
  

 8) 林の中に見つけたカモシカ。
  

 9) 最終日。みんなで作った「自然観察マップ」自分だけの感動を発表。
  




森の学校「春の教室」・生徒募集

PDF ダウンロード(236KB)





「森の学校」は、随時参加者を募集しています。
参加資格は小学4年生〜中学1年生です。
(卒業生は年齢資格に限りません)
学齢前でも保護者がついていれば参加できます。

・問い合わせ・申し込み
 丹沢自然保護協会・丹沢ホーム(中村)まで。


過去の森の学校の様子
2016年(冬)> <2016年(夏)> <2016年(春)> <2015年(夏)> <2015年(春)> <2014年(冬)> <2014年(夏)> <2014年(春)> <2013年(冬)> <2013年(夏)> <2013年(春)> <2012年(冬)> <2012年(夏)> <2012年(春)> <2011年(冬)> <2011年(夏)> <2011年(春)> <2010年(冬)> <2010年(夏)> <2010年(春)> <2009年(冬)> <2009年(夏)> <2009年(春)> <2008年(夏)> <2008年(春)> <2007年