森の学校では、随時、生徒の参加を待っています


森の学校関連の情報を掲載します。
戻る


 子供達が、自然の中で生活し、学ぶことの大切さを考え、  1970年に「森の学校」を開設しました。

 丹沢は、東京や横浜から、わずか50`の場所ですが、シカやクマなど大型ほ乳類や、 ムササビ、ヤマネなどの小型ほ乳類が棲息し、渓流にはヤマセミ、モミ自然林では日本最大級 の大型猛禽類クマタカを見ます。
 様々な生物の存在から、「生命の繋がり」の大切さを知ることができます。

 森の学校では、野生生物の生態や役割を学ぶことで自然の仕組みを知ります。
 そして、動物や植物の生活史を通して、人間との関わりを知る事ができます。

 近年、丹沢は、都会の様々な影響を受け「ブナの立ち枯れ」などに見るように、 自然環境の荒廃が危惧されています。しかし、その中でも、900万人に近い県民の水を育み、 生物の生活を見る事ができます。

丹沢の自然を体感しよう
自然環境を学ぶこと、いちばん大切なことは、
自然に対する「やさしさ」です。

丹沢を知り尽くした先生方が、難しい知識も解かりやすく話します。


過去の森の学校の様子
2016年(夏)> <2016年(春)> <2015年(夏)> <2015年(春)> <2014年(冬)> <2014年(夏)> <2014年(春)> <2013年(冬)> <2013年(夏)> <2013年(春)> <2012年(冬)> <2012年(夏)> <2012年(春)> <2011年(冬)> <2011年(夏)> <2011年(春)> <2010年(冬)> <2010年(夏)> <2010年(春)> <2009年(冬)> <2009年(夏)> <2009年(春)> <2008年(夏)> <2008年(春)> <2007年

森の学校「夏の教室」・生徒募集

PDF ダウンロード(270KB)




森の学校・2017年 春の教室 活動報告

 大雪で順延の「森の学校・春の教室」
 家族も一緒に参加する子供達はキャンセルだったり、2泊の予定が1泊になったり・・と。
 でも、元気な子供達が集まったよ。
 今年も、森の子供達は、元気いっぱい!。
 
 水遊びしたくらいビチョビチョになるまで雪遊び。
 雪だるまを作ったり、カマクラを作ったり。
 
 もちろん、森の勉強もします。
 雪の上に、動物の足跡を見つけたり、動物の糞や食痕を見たり。
 雪の斜面に大きな角を持った立派な牡鹿を見ました。
 
 遠くの林の中に居るカモシカを見つけたのは、ちあきです。
 みんなが、一所懸命探しても解らないのに、ちあきは、昨日も今日も見つけます。
 校長が、「カモシカちあき」と呼んでいました。
 
 最終日に、みんなで自然観察マップを作りました。
 雪の上でも、春を感じたり。動物と森の関わりを知ったり・・。
 一人ずつ、最も感動したことを発表しました。
 みんな、校長も思いつかないような、素晴らしい感性を持っています。
 最後に、「動物の棲む森を大切にしたい・・」と言ったのは、5年生の女子です。
 丹沢には、素敵な応援団がたくさんいます。
 その気持に、改めて感動・・の、校長でした。
 

 1) 今年も元気だ!森の学校。
  

 2) まず・・やっぱり男の子は雪合戦
  

 3) 女の子は・・どんな雪のお家が出来るかな。
  

 4) 小さい子なら入れるよ。
  

 5) 僕たち二人の傑作。
  

 6) 雪の上にキツネの足跡を見つけた。
  

 7) 昨日も今日もにカモシカを見つけた。「ちあき」は、カモシカの匂いが解るみたいだ。
  

 8) 林の中に見つけたカモシカ。
  

 9) 最終日。みんなで作った「自然観察マップ」自分だけの感動を発表。
  




森の学校「春の教室」・生徒募集

PDF ダウンロード(236KB)




森の学校・2016年 冬の教室 活動報告


 1) 森の学校・冬の教室(初めの一歩)朽ちた倒木。表面を押すと水が出て来る。土になってる部分がある。
  小さな子供の木がたくさんある。子供達は森の不思議を見つけます。
  

 2) 冬の教室の一日目は動物の糞洗い。なんで動物の糞を洗うんだろう。
  

 3) 糞を洗ったら、緑色の皮や黒っぽい種が出て来た。これはサルナシの皮と種だ。
  

 4) こっちの糞はどうだろう。
  

 5) クマやテンの糞から、たくさんの種が出て来た。これを土に埋めて来年の春を待とう。どんな木の芽が出て来るかな。
  

 6) これが終わらなきゃ遊べない。
  

 7) まとめもしっかり。
  

 8) 少し臭かったけど、各班ごとに状況発表。
  

 9) 自由時間は川・・って、夏じゃないよ。気温は0℃だ。
  

 10) 落ちるなよ。水は冷たいぞ。
  

 11) あらら、自分から入っちゃったよ。風邪ひくなよ。
  

 12) 二日目は樹齢200年〜400年の森の中へ。
  

 13) 太い木の周囲を計ろう。メジャーがないよ。メジャーは君達だ。隣の友達を覚えていてね。掴んだ部分も覚えていてね。
  

 14) 陽の当たらない冷たい沢で何を見てるのかな。興味はそれぞれ。子供任せにしましょう。
  

 15) みんなで記念撮影。コラコラ、人の前に立つな。
  

 16) 遅いお昼ごはん。航太、何杯目?、3杯目。
  

 17) 三日目はみんなが歩く観察路の掃除。一年の感謝の気持ちで頑張ろう!。
  

 18) 校長に見つからないように、出発前にミカンをポケットに。
  

 19) 落ち葉の掃除も、箒じゃなくて、まずスコップで・・。知らなかったな〜。
  

 20) オッ!きれいになったね。
  

 21) こっちも頑張っているぜ!。
  

 22) きれいになった。
  

 23) まずは校長が手本。手本代は最年少。
  

 24) 自分で食べるぶんは、自分で搗くんだってさ。
  

 25) 掃除に餅つき。お腹が空いただろう。いっぱい食べてね。
  

 26) これで終わりかと思ったら、「甘い!」。各班ごとの最終発表。誰がする?。
  

 27) 水に入った威勢にいい子。大きな声で結果発表。
  

 28) 季節の変化を見ても、森も川も、春の教室は、冬の教室の繋がりだ。勉強した事を覚えていて、春の教室で元気に会おう。
  




森の学校「冬の教室」参加者募集のご案内

< 生き物がすみやすい森ってどんな森? >
自然の森と人間のつくった森を歩き、 動物になった気持ちで森を歩いてみよう。

主催 :丹沢自然保護協会
共催 :丹沢大山自然再生委員会
協力 :(公財)神奈川県公園協会/神奈川県立札掛森の家
日程 12月27日(火)〜29日(木) 2泊3日
集合/解散 小田急線秦野駅南口  集合27日10:00、解散29日15:00(予定)
対象 小学4年生〜中学1年生((兄弟姉妹参加は、割引があります)
家族参加、対象外の年齢の方はご相談ください。
定員 30名 ( 宿泊:国民宿舎丹沢ホーム )
参加費 18,000円( 2泊6食・貸切バス・保険料などを含みます )
持ち物 1日目のお弁当、飲み物、雨具(カッパ、傘)、軍手、双眼鏡&ルーペ(あれば)、帽子、懐中電灯、着替え、タオル、洗面用具、筆記用具、その他必要と思う物。防寒具(平地より5℃くらい低いです)
※服装は登山の出来る動きやすい服装と履きなれた登山靴や運動靴、長い靴下など

2016年 森の学校 冬の教室 【日程表】
27日 人工林の間伐体験をします。そこから、森や動物を考えよう。
28日 森を歩き、自然観察をします。動物たちのくらしぶりをのぞいてみましょう。
動物たちの糞を見つけよう。そして、何を食べているのか調べましょう。
29日 春の教室、夏の教室を振り返り、一年の締めくくりは、道路や周辺の清掃活動をしょう。
お昼は、みんなでお餅つき。つきたてのお餅を食べましょう。
鏡餅をつくってお家にお土産も出来るよ。

申込・問合せ:丹沢自然保護協会 中村道也 
電話:0463-75-3272、メール:n-tanzawa@nifty.com

( 活動予定は、天候等により変更されます )



「森の学校」は、随時参加者を募集しています。
参加資格は小学4年生〜中学1年生です。
(卒業生は年齢資格に限りません)
学齢前でも保護者がついていれば参加できます。

・問い合わせ・申し込み
 丹沢自然保護協会・丹沢ホーム(中村)まで。


過去の森の学校の様子
2016年(夏)> <2016年(春)> <2015年(夏)> <2015年(春)> <2014年(冬)> <2014年(夏)> <2014年(春)> <2013年(冬)> <2013年(夏)> <2013年(春)> <2012年(冬)> <2012年(夏)> <2012年(春)> <2011年(冬)> <2011年(夏)> <2011年(春)> <2010年(冬)> <2010年(夏)> <2010年(春)> <2009年(冬)> <2009年(夏)> <2009年(春)> <2008年(夏)> <2008年(春)> <2007年