森の学校では、随時、生徒の参加を待っています


森の学校関連の情報を掲載します。
戻る


 子供達が、自然の中で生活し、学ぶことの大切さを考え、  1970年に「森の学校」を開設しました。

 丹沢は、東京や横浜から、わずか50`の場所ですが、シカやクマなど大型ほ乳類や、 ムササビ、ヤマネなどの小型ほ乳類が棲息し、渓流にはヤマセミ、モミ自然林では日本最大級 の大型猛禽類クマタカを見ます。
 様々な生物の存在から、「生命の繋がり」の大切さを知ることができます。

 森の学校では、野生生物の生態や役割を学ぶことで自然の仕組みを知ります。
 そして、動物や植物の生活史を通して、人間との関わりを知る事ができます。

 近年、丹沢は、都会の様々な影響を受け「ブナの立ち枯れ」などに見るように、 自然環境の荒廃が危惧されています。しかし、その中でも、900万人に近い県民の水を育み、 生物の生活を見る事ができます。

丹沢の自然を体感しよう
自然環境を学ぶこと、いちばん大切なことは、
自然に対する「やさしさ」です。

丹沢を知り尽くした先生方が、難しい知識も解かりやすく話します。


過去の森の学校の様子
2019年(夏)> <2018年(冬)> <2018年(夏)> <2018年(春)> <2017年(冬)> <2017年(夏)> <2017年(春)> <2016年(冬)> <2016年(夏)> <2016年(春)> <2015年(夏)> <2015年(春)> <2014年(冬)> <2014年(夏)> <2014年(春)> <2013年(冬)> <2013年(夏)> <2013年(春)> <2012年(冬)> <2012年(夏)> <2012年(春)> <2011年(冬)> <2011年(夏)> <2011年(春)> <2010年(冬)> <2010年(夏)> <2010年(春)> <2009年(冬)> <2009年(夏)> <2009年(春)> <2008年(夏)> <2008年(春)> <2007年


森の学校「夏の教室」

8月14日(金)〜16日(日)夏の教室の案内をします。

コロナ感染症が再発生の可能性もあります。
状況を見ながらの計画になりますので承知の上、参加の検討をお願いします。
※なお、今回は子供同様に長い自粛生活で疲れた保護者参加も歓迎します。
丹沢で子供達がどんな生活をしているか、興味のある方はご検討ください。
ただし、保護者参加は子供の了解が前提になります。
参加する子供からの事前了承をお願いします。

「森の学校・夏の教室」案内(詳細は別掲載)
〜どんな小さな生き物も力いっぱい生きている〜
学習から遊びから、自分で探す生命のつながり

今回の参加費用はコロナ感染症等に伴い丹沢自然保護協会から補助金が上乗せされます。
2泊6食 保険料など込で16、000円と通常より減額になります。
そのため兄弟姉妹の割引はありませんが、おやつなども用意します。
集合場所までの往復交通費以外お金は必要ありません。
集合場所はいつもなら改札出口ですが、今回はコロナ対策で南口の右階段を降りたロータリーの風通しのいい欅の日陰です。
その後貸切バスで丹沢へ向かいます。
これまで大山登山の時以外は省略していた菜の花台やヤビツ峠で、地名の由来や丹沢の簡単な解説をします。

「夏の教室・学習概要」
渓流沿いの広葉樹のつながりを渓畔林と言います。
餌の供給、水の浄化など、動物(人間も)が生きるために大切な樹林です。
魚になったつもりで鳥になったつもりで獣になったつもりで渓畔林の役割を考えよう。
そして、水の中で生き物を探そう。
どんな生き物が、どんな役割をしているか。
自然の学習で生き物と私達人間とのつながりも見えてくるはずです。
【 これまでの参加者は必ず名札を忘れずに持って来ること 】


PDF ダウンロード(348kb)






自粛要請に伴い「中止」とします。

森の学校「春の教室」

PDF ダウンロード(276kb)





森の学校・2019年 冬の教室 活動報告


 1.冬の教室・冬晴れの3日間でした。
  

 2.雪の上は動物の足跡を見つけやすい。
  

 3.アイルがカマキリの卵を見つけました。産み付けた卵の高さで冬の雪の量が解ります。
  

 4.クスサンを見つけてご機嫌のアオイ。私にも触らせて・・とユキ。
  

 5.朝の散歩は10月の台風崩壊地から。子供達はヒョイヒョイ歩きますが初めて参加のお姉さん「え〜!ココ降りるの」。
  

 6.朝の散歩・・て、これ散歩?。
  

 7.朝の散歩で見つけた鳥の羽。獣に襲われたのでしょう。羽根の付け根が食いちぎられていました。
  

 8.朝の体操。決まってるねハナちゃん。姿勢がいい!。
  

 9.渓畔林の学習をしながらムササビの勉強も。ムササビの食べるものは・・。
  

 10.台風で荒れた川原は渓畔林の学習に自然の教材がいっぱい。
  

 11ムササビが食べた杉の実を見つけました。
  

 12.熊は森をつくる動物・・って知ってる。知らない。でも糞を分析すると解るらしい。
  

 13.本当に糞から木が生えるのか・・?。
  

 14.糞からどんな芽が出て来るのだろう。春が待ち遠しいね。
  

 15.勉強したら腹減った。カレーライス3杯目のお替わりが並びます。
  

 16.森の学校恒例、森の家の清掃。
  

 17.背より高い箒で落ち葉掃き。ハナとトモキ。
  

 18.冬の教室恒例イベント。お餅は搗かないと食べられないよ。
  

 19.それじゃ私も
  

 20.僕だって
  

 21.タイチが「キナコキナコ・・あんこあんこ・・」と嬉しそうです。
  

 22.お餅ついたら食べていいんだよね・・とゼンちゃん。冬の教室の締め括りでした。
  




森の学校「冬の教室」

PDF ダウンロード(273kb)






「森の学校」は、随時参加者を募集しています。
参加資格は小学4年生〜中学1年生です。
(卒業生は年齢資格に限りません)
学齢前でも保護者がついていれば参加できます。

・問い合わせ・申し込み
 丹沢自然保護協会・丹沢ホーム(中村)まで。


過去の森の学校の様子
2019年(夏)> <2018年(冬)> <2018年(夏)> <2018年(春)> <2017年(冬)> <2017年(夏)> <2017年(春)> <2016年(冬)> <2016年(夏)> <2016年(春)> <2015年(夏)> <2015年(春)> <2014年(冬)> <2014年(夏)> <2014年(春)> <2013年(冬)> <2013年(夏)> <2013年(春)> <2012年(冬)> <2012年(夏)> <2012年(春)> <2011年(冬)> <2011年(夏)> <2011年(春)> <2010年(冬)> <2010年(夏)> <2010年(春)> <2009年(冬)> <2009年(夏)> <2009年(春)> <2008年(夏)> <2008年(春)> <2007年