森の学校では、随時、生徒の参加を待っています


森の学校関連の情報を掲載します。
戻る


 子供達が、自然の中で生活し、学ぶことの大切さを考え、  1970年に「森の学校」を開設しました。

 丹沢は、東京や横浜から、わずか50`の場所ですが、シカやクマなど大型ほ乳類や、 ムササビ、ヤマネなどの小型ほ乳類が棲息し、渓流にはヤマセミ、モミ自然林では日本最大級 の大型猛禽類クマタカを見ます。
 様々な生物の存在から、「生命の繋がり」の大切さを知ることができます。

 森の学校では、野生生物の生態や役割を学ぶことで自然の仕組みを知ります。
 そして、動物や植物の生活史を通して、人間との関わりを知る事ができます。

 近年、丹沢は、都会の様々な影響を受け「ブナの立ち枯れ」などに見るように、 自然環境の荒廃が危惧されています。しかし、その中でも、900万人に近い県民の水を育み、 生物の生活を見る事ができます。

丹沢の自然を体感しよう
自然環境を学ぶこと、いちばん大切なことは、
自然に対する「やさしさ」です。

丹沢を知り尽くした先生方が、難しい知識も解かりやすく話します。


過去の森の学校の様子
2020年(夏)> <2019年(冬)> <2019年(夏)> <2018年(冬)> <2018年(夏)> <2018年(春)> <2017年(冬)> <2017年(夏)> <2017年(春)> <2016年(冬)> <2016年(夏)> <2016年(春)> <2015年(夏)> <2015年(春)> <2014年(冬)> <2014年(夏)> <2014年(春)> <2013年(冬)> <2013年(夏)> <2013年(春)> <2012年(冬)> <2012年(夏)> <2012年(春)> <2011年(冬)> <2011年(夏)> <2011年(春)> <2010年(冬)> <2010年(夏)> <2010年(春)> <2009年(冬)> <2009年(夏)> <2009年(春)> <2008年(夏)> <2008年(春)> <2007年


森の学校「冬の教室」
定員となりましたので募集を締切りさせていただきます。

PDF ダウンロード(258kb)




【森の学校:冬の教室】生徒募集

2021年12月27日〜29日
(行程計画など詳細は会報11月号と、協会および丹沢ホームホームページに掲載します)
コロナ感染症といえ、昨年の冬の教室、今年の夏の教室と、募集しては中止の繰り返しが続き、子供達に期待と落胆を与えてしまい申し訳なかったと反省しています。
そこで、今回は実施を前提に、参加希望者にお願いがあります。

※ 開催前22日から5日間の体温を記録し平熱であることを記載し持参すること。
※ 薬局で抗原検査キットを購入し(1000円〜3000円)、前日に陰性である事を確認し証明を持参すること(ケータイ等日付入り写真で可能。病院で検査を受けても構いません)。以上の2点です。

検査キット購入、病院での検査費用等の領収書を当日にお持ちください。
森の学校で費用負担いたします。v 申込み&問合せ等はn-tanzawa@nifty.com まで。

または0463-75-3272(中村まで)。
道のない森あるき、冬の丹沢を楽しみましょう。




森の学校「夏の教室」

PDF ダウンロード(264kb)





森の学校・2021年 春の教室 活動報告

     

 ■1日目
 1)春の教室1日目は大山登山、北尾根バリエーションルートです。
  

 2)イタツミ尾根で初めて見るブナの大木。
  

 3)山頂は人の多い表側を避け、裏側で休憩。
  

 4)さて山頂から北尾根へ。最初の難関はハシゴ越え。
  

 5)北尾根に入って、すぐに熊の爪痕。
  

 6)ホントだ!。
  

 7)アッチにも。
  

 8)コッチにも。
  

 9)見上げたらブナの大木。
  

 10)根元にはブナの実がたくさん落ちています。
  

 11)熊の爪が鋭いのは餌を食べるため、木に登るため・・と校長先生のお話。
  

 12)じゃあ私も試しに・・と、爪はないけど蔓を伝って・・とリコ。
  

 13)じゃあ僕だってとソータ。
  

 14)目指すは消防士!木の幹を歩いて登る。
  

 15)楽しかった・・休憩。
  

 16)今回はプロのガイドさんも居て校長は一安心。これから先は難所だよ。
  

 17)校長!歯に飴が・・自分で取れ!。
  

 18)さて、ここからは急降下。転んでもいいけど転がるなよ。
  

 19)お、お、思ったよ急傾斜だ・・と親子参加のお父さん。
  

 20)ルート上一番の難所は約40m。ガイドのお兄さんがザイルをフィックス。
  

 21)気を付けてね。
  

 22)難所から30分はドロドロの杉林。
  

 23)新しい靴下が・・とユーカ。あ〜楽しかった。
  

 
 
 ■2日目
 1)シバヤナギにその辺の落ち葉。
  

 2)ミツバツツジと檜の葉っぱ。
  

 3)マメザクラはお風呂に入れたくなっちゃうな・・と校長。
  

 4)紐を結ぶのが思ったより難しい。
  

 5)あ〜でもない。
  

 6)こ〜でもない。
  

 7)と、もう、どうでもいいや。
  

 8)思ったように染まらなかったけど・・。
  

 9)あ〜、おもしろかった。
  

 10)草木染の後はサンショウウオを探して上流へ。
  

 11)春の渓流は冷たいぞ。探す方が先・・とチアキ
  

 12)一匹目をゲット。下から見ると面白〜い。
  

 13)いただきます・・ではありません。サンショウウオの子供を見ているのです。小っちゃくて可愛い!!
  

 14)冷たい・・そりゃそうだ、雪解け水だから。
  

 15)なんで森と川を行ったり来たりするのだりう。じゃあ次はもう少し勉強しよう。
  

 
 
 ■3日目
 1)今日は毛鉤釣り。まず吉田先生から川とお魚の話を聞きます。
  

 2)さて、出陣。あ〜、もう糸がこんがらかっちゃった。
  

 3)こっちはリンタロー先生。順調に釣り上げています。釣らないとお昼のおかずがありません。
  

 4)男の子達はいいな・・女子はお昼のおむすび。
  

 5)今回は小学生も頑張ります。
  

 6)なかなか上手に握れます。
  

 7)今日のおかず。ヤマメやイワナって、綺麗だな〜。
  

 8)うまかった・・とゼン。
  

 9)まさに完食・・。
  

     




森の学校「冬の教室」

PDF ダウンロード(212kb)






森の学校「冬の教室」

PDF ダウンロード(234kb)






「森の学校」は、随時参加者を募集しています。
参加資格は小学4年生〜中学1年生です。
(卒業生は年齢資格に限りません)
学齢前でも保護者がついていれば参加できます。

・問い合わせ・申し込み
 丹沢自然保護協会・丹沢ホーム(中村)まで。


過去の森の学校の様子
2020年(夏)> <2019年(冬)> <2019年(夏)> <2018年(冬)> <2018年(夏)> <2018年(春)> <2017年(冬)> <2017年(夏)> <2017年(春)> <2016年(冬)> <2016年(夏)> <2016年(春)> <2015年(夏)> <2015年(春)> <2014年(冬)> <2014年(夏)> <2014年(春)> <2013年(冬)> <2013年(夏)> <2013年(春)> <2012年(冬)> <2012年(夏)> <2012年(春)> <2011年(冬)> <2011年(夏)> <2011年(春)> <2010年(冬)> <2010年(夏)> <2010年(春)> <2009年(冬)> <2009年(夏)> <2009年(春)> <2008年(夏)> <2008年(春)> <2007年