Diary 2019. 4
メニューに戻る
4月13日 (土)  植樹活動・報告。

4月13日、満開のマメザクラを見ながら41回コリドー(緑の回廊)豊かな森づくり。

まさに五月晴れ。少々寒いけど薫風のちポカポカ陽気。
子供やあかちゃんを含め総勢141人が参加しました。

参加者の中には登山者はもちろん、綺麗な川は豊かな森から・・で、魚釣りが趣味のフライマン達も以前から参加。
お〜っ!と今回は元気なラン〇〇さん達も家族で参加しています。
トヨタウエインズは集団?での家族参加。
今回は家族参加が多く、次世代に繋がるのは嬉しいですね。

「時間ですよ」で、まずは協働の神奈川県保全センター所長の挨拶から。
センター長、市民協働は初めてかな・・緊張か、後ろからカッチンコッチンが解ります。

挨拶の後は、主催団体理事長(あっしです)の紙芝居初挑戦。
丹沢の自然と今日の植樹の意味を簡単に解りやすく、しかも興味を持つように・・話せるかな?出来るかな?。

ところが後に意見を聞くと、周りの人がね・・と意外に好評で、自己満足。

さて、「丹沢を歩く」で叱咤罵声を浴びせた看護師さん。
今日は汚名挽回、がんばれー!。
男の子をおぶったお父さん、息子と奥様の声援を受けてクワを振ります。
大っきくなれよ、ブナも息子も元気に育て!。

植樹の後はノンビリ食事。
そして「あ〜働いた後は気持ちいい・・」とお昼寝。
そんなに働いたかな〜?。

夜は美味しい食事&お酒。
さて、乾杯の音頭は?と思いついたのが骨折にもめげず参加。
ただし仕事をしなかった熊澤美和ちゃんに・・。
(そりゃ当たり前だ。腕を吊ったままクワは持てません)
そしてお楽しみは丹沢の夜空にJAZZ。
ピアノよしパーカッションよし。
きれいな歌声が疲れた体に心地よし。

20190413-1.jpg 20190413-2.jpg 20190413-3.jpg



4月11日 (木)  道路情報&周辺現況

今朝は昨日の日中より暖かく路面凍結なし。
峠もたぶん大丈夫でしょう。

ここから見る大山&長尾尾根、春山の真似事で「行きたいな〜」と思いつつ。
今日は厚木、速攻で帰ってから大物イワナの選別です。

雪解けで水も増えたし濁りもないし、久しぶりにでかいのを泳がしてみよう。


4月10日 (水)  春の雪。

「道路情報」
其のU
午後、道路管理土木事務所で除雪が入りました。
「顔なじみのオジサンが除雪していた・・」と通りすがりの人が言ってました。
通しすがりの人が「顔なじみの・・」って、おかしいですね。

なんにしても除雪が入って有り難い。

以下、朝の投稿です。
もしかして今年一番の「大雪?」だったりして。
ただし、雪はベチョベチョ。
走ればタイヤの跡の雪は消えていきます。

でも気温は10時30分で−1℃。
とは言え暖かい4月が続きました。
明日の朝、道路面が凍ることはないと思います。

でも、どうなるかは明日にならなきゃ解りません。
明日の朝にヤビツ峠を越える人は充分気を付けてください。
チャリは無理かもな〜。

20190410-1.jpg



4月2日 (火)  春の雪。

今朝、大山の雪景色を見て、朝食もそこそこに大山へ。
今日はチェーンソーで薪切の予定。
ならば朝のうちに登って帰ってくればバチは当たらんだろう。

朝一で一番乗りと思ったのに先行者あり、物好きに負けた物好きでした。

早咲きの桜にミツマタも凍っていました。
よせばいいのに手を出して、桜の花びらに触れたら折れちゃいました。
そ〜っと触ったのにね。

写真を撮りながらでも2時間で往復。
まだもう少し歩けるか。

戻ってから午前中は電話やPCメールの対応。
午後は予定通りチェーンソーで薪切。
ただし老体、無理しないで薪切を早めに切り上げ16時20分今日の仕事終了。

20190402-1.jpg 20190402-2.jpg 20190402-3.jpg



4月1日 (月)  4月1日・・だって。

新元号に浮かれているのを批判する訳じゃないが、「元号は平成です。」と言った冷めたピザオジサンの方が親しみを感じたね。

令和のオジサンは、沖縄の辺野古問題に絡め沖縄の戦後を質問されたとき「産まれてないから知りません・・」と平然と言った人です。
政治家以前に人間的にやさしさのない信用の措けない人です。
元号の裏を覗いて見たくなりました。

さて、鬱になりそうな話はおしまい。

今日、厚木から戻ってくると秦野市上空?に大きな虹。
思わずイオンの屋上に駆け登りました。

名古木から弘法山に綺麗な虹の橋です。
あの袂のお家は誰のお家でしょう。
長くて大きくて、厚みもある虹の橋。
しばし眺めていると「あの橋の上、歩けるかな〜」なんて思ったりして。

初め、私と小さな子を二人連れたお母さんだけだったのに、アッと言う間にスマホやケータイを持った人達が集まりました。

明日と言う字は明るい日と書くのね・・なんて歌がありましたね。
あの虹の向こうに明るい明日が来ますように。

心ほのぼのとヤビツ峠を越えたら、ナンと春の雪。
15分で春と冬を味わいました。

20190401-1.jpg 20190401-2.jpg 20190401-3.jpg



2019/4
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

前月     翌月