丹沢自然保護協会 イベント情報

- Event Information -

丹沢自然保護協会のイベント情報を掲載します。
戻る

過去のイベント5> <過去のイベント4> <過去のイベント3> <過去のイベント2> <過去のイベント1


 丹沢フォーラム 活動報告

一週間前の「あの雪」はナンだったの?・・と言いたくなるような暖かな一日。
東丹沢・札掛「一ノ沢考証林」で、丹沢フォーラムが実施されました。
 


この森は、72年前の日米戦争の敗戦前夜、軍需物資として伐採された森の中で、唯一残された森です。
お国のために切れ。と命令する軍部に対し、「神奈川の未来のために」と、当時の若手林務部職員が文字通り、命を懸けて軍命に抵抗し、守った森です。
昔の役人は気骨がありましたね。その方は、戦後、後に林務課長になりました。
 


ところが、同じ神奈川県林務課が、20年ほど前、その森に道路開設の計画を立てました。
道路開設に反対する私達に、神奈川県の技術職幹部が「あんな素晴らしい森を、登山者だけに利用させるのはもったいない。万人に利用してもらう事が必要だ・・」と、まるで、自然を売り物にしながら、自然環境を蹴散らした観光開発業者のような建設理由を述べたのです。
時間の経過といえ、同じ立場の役人が、命を懸けて森を守った先輩の意思を引き継いでいない事に愕然としたものです。
 


私達は道路建設の協議以前の問題として計画に反対。神奈川県と交渉を重ねることで、事業計画の中止を得る事が出来ました。
いま、そこは、私達が自然の森の生い立ちを学ぶ貴重な森になっています。
 


一ノ沢考証林は、全体面積39haと小さな森ですが、低標高に位置する温帯針葉樹の代表ともいえるモミ自然林は、多様性を考える上で、高標高域のブナ林以上に、貴重な存在と言えます。出来るなら、この森を囲むように広葉樹の森が広がれば、野生動物の生息環境は基より、森の機能が一層高まるものと考えます。
なにより、この森が位置する場所は、宮ケ瀬ダム水源の源流部です。

神奈川県には、多様性プラス、水源としても、森の再生を考えて欲しいと思いました。
それは、72年前、この森を私達に残しくれた人への思いを引き継ぐ事に繋がります。
本当なら、私達が言う前に、神奈川県が積極的に動いて然るべき事。等々考えながら、保全センター職員の解説を聞きながらの楽しい一日でした。
今回のフォーラムも若い子が多く、参加者の約半数が現役学生、丹沢の未来に期待できるフォーラムでした。
 





 丹沢フォーラム  2016年 <秋>

〜残された自然の森・一ノ沢学術考証林を訪ねる〜

主催: NPO法人 丹沢自然保護協会
共催: 丹沢の緑を育む集い
丹沢大山自然再生委員会
協力: サントリーホールデイングス株式会社
神奈川県自然環境保全センター

 

日時 12月3日(土) 講師:神奈川県職員 / 丹沢自然保護協会
集合 9時 小田急線秦野駅改札南口(マイクロバスで現地往復移動)
解散 16時 小田急線秦野駅南口(予定)
参加費 無料
持ち物 昼食・飲み物・山歩きの服装・その他、必要と思うもの
開催場所 現地研修 札掛・一ノ沢考証林(歩行・約2時間)
座学(森の家・約1時間)

日米戦争の敗戦前夜、丹沢周辺の森は軍需物資として、多くの自然林が伐採されました。
その対象は、西丹沢、檜洞丸のイタヤカエデ。信仰の森、大雄山周辺の杉も例外ではなかったと聞きます。
その中で、札掛のモミは何故、残ったのか。・・残すことが出来たのか。
森の豊かさの指標でもある野生動物「熊」も棲息する、樹齢200年を超えるモミやツガ。広葉樹の交じる自然林。
時代背景の中でも維持された森の豊かさと、失われた豊かさ。

考証林に指定された経緯を踏まえ、後世に繋ぐために。
「いま私たちが出来ること」を考えよう。

<申込 ・ 問い合わせ>

中村道也 0463−75−3272 e-Mail: n-tanzawa@nifty.com
山形輝夫 e-Mail: teruoyamagata@ybb.ne.jp





過去のイベントの情報はこちらへ移動しました。
過去のイベント5> <過去のイベント4> <過去のイベント3> <過去のイベント2> <過去のイベント